発達障害とは ADHD(注意欠陥多動性障害)とは

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは

ADHDは(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性(順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人たちに障害という認識をもってもらえず、ただの乱暴者や親のしつけが出来ていない子といった認識をされてしまうといった、誤解を受けてしまうケースが多々あります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴

特年齢や発達に不釣り合いな行動が多く、社会的な活動や学業に支障をきたすことがあります。
ADHDの子どもには知的な遅れはありません。
感情や行動を自分自身で上手にコントロールすることが難しいだけなのです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)によく見られる行動リスト

  • 落ち着きがなく、注意を持続する事が難しい。または困難である
    • 授業中立ち歩く、または途中でどこかに行ってしまう。
  • 気が散りやすい。集中力が続かない
    • 与えられた課題が終わっていなくてもあちこち手を出してしまう。
  • 失くし物や忘れ物をしやすい
    • おもちゃや文具など失くしものや落し物が多い。宿題等忘れ物をすることがよくある。
  • ルールが守れない
    • 衝動を抑えることが出来ず、待つことが苦手で順番を守ることが出来ず、割り込みをしてしまう。
  • 理解できる指示をされても従おうとしない
    • 静かにしてください」と言われても静かにすることが出来ずおしゃべりを続けてしまう。
      「注目してください」と言われても注目できずすぐに他に関心が移ってしまう。
  • 事前に良く考えて行動できない
    • 物事をぱっと見で判断してしまい、うっかりミスをしてしまうことがよくある。
  • リストはADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ子どもに一般的にみられる行動の一例です。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもとの接し方

ADHDの子どもたちは自分に自信が持てずに、結果色々な方面で支障をきたしてしまう事が多々あります。
その為、ADHDの子どもたちと接する際は以下の点に注意して接することが必要です。

1よく褒めてあげる

悪いことをした場合は叱っても構いませんが、何よりも褒めることが大事なので良く褒めてあげることが大事です。

2才能を発見する

ADHDの子どもは、自分の好きなことに関しては集中力を遺憾なく発揮することが多いです。
子どもの才能を発見し、サポートしてあげれば才能を伸ばしていくことが期待できます。

3順序立てた行動を促す

興味を持ったことからさせるようにします。ただし、マナーとして守るべきことは必ず守らせるようにします。

4不安の軽減を図る

予定の変更は最小限とし、予測可能で安全な環境にします。
また、不意打ち等びっくりするようなことはしないように気を付けます。

5自覚させる

予定の変更は最小限とし、予測可能で安全な環境にします。
また、どういった不注意で過ちをすることが多いか教えてあげます。

  • リストはADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ子どもに一般的にみられる行動の一例です。

お子さまの発達にお悩みの方に

お子さま一人ひとりに合ったプロの指導・特別教材で可能性を最大限に伸ばす幼児教室・学習塾Leaf

写真や動画でご紹介

Leafの指導を動画と写真でご紹介します。
発達が気になるお子さまのための専門家の3つのアドバイス!

ADHD(注意欠陥多動性障害)の最新ニュース&コラム

ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する記事一覧

その他の発達障害