発達障害とは

最近「発達障害」という言葉はメディアでもよく取り上げられ一般に知られるようになりました。
しかし一口に「発達障害」といっても、障害の種類は多岐にわたり、その状態は様々です。
分かりにくい障害特性のため、周囲から誤解され「努力不足」「育て方が悪い」などと批判され、生きづらさを感じやすい障害です。
本人の障害だけでなく個性や能力、希望も理解したうえで、サポートすることが大切です。

発達障害の種類と症状について

発達障害者支援法によると、発達障害とは「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」とされています。
ひと言で発達障害といってもさまざまな症状があり、場合によっては複数の障害が合併している場合もあります。発達障害のあるお子さまを健全に育てていくためにも、それぞれの症状について詳しく把握しておきましょう。

さまざまな発達障害

発達障害とは、一見しても分かりづらいことから「自分勝手」「わがまま」など、他人からはなかなか理解されない傾向があります。詳しい原因はまだ分かっていないのですが、現在では「脳機能の障害」によるものとされています。しつけや教育が原因ではありません。
発達障害における理解を深めるためにも、主な障害について紹介したいと思います。

発達障害の種類 画像

自閉症

他人との社会的関係の形成が困難、言葉の発達が遅れる、興味や関心の幅が狭く特定のものにこだわるといった特徴があります。知的発達が見られない場合は高機能自閉症と呼ばれます。

アスペルガー症候群

自閉症のうち言葉の発達や知的発達の遅れを伴わないもの。高機能自閉症とともに広汎性発達障害に分類されます。

注意欠陥/多動性障害(ADHD)

「集中できない」「気が散りやすい」「忘れっぽい」「落ち着きがない」「思いつきで行動してしまう」「待てない」といった症状がみられるもので、学業や社会活動に影響が出やすい障害です。

学習障害(LD)

知識の発達に遅れはほとんど見られませんが、書く・聞く・話す・計算するといった特定の行動が困難な状態です。

発達障害の「グレーゾーン」

たとえばアスペルガー症候群の「興味・関心の偏り」、注意欠陥/多動性障害の「集中できない」「考えるよりも先に行動してしまう」、学習障害の「計算が苦手」といった症状は、発達障害ではない人にもありがちです。このように支援が必要なのか、それとも個性的なだけなのかが見極めづらい「グレーゾーンの子供たち」が問題となっています。

文部科学省が教員に対してアンケートを行った「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」(平成24年12月5日)によると、知的発達に遅れはないものの学習面または行動面で著しい困難を示すとされた児童生徒の割合は6.5%という結果になりました。40人学級の場合、クラスに2、3人はいる計算になります。医師の診断ではなく教師からみた結果ですが、対象をグレーゾーンまで広げると、発達障害の疑いがある子供は少なくないことが分かります。

早期発見・早期療育の重要性

「仕事に集中できない」「会議の内容をすぐに忘れてしまう」「コミュニケーションが苦手」といった症状から、大人になってから初めて発達障害が発覚するケースが増えています。何度注意されても直せないことで気を病んでしまい、「自分は何をやっても駄目なんだ」と、うつ病などの二次障害に発展する可能性も少なくありません。
発達障害は脳の障害であるため完治は困難ですが、早期からの教育・療育をすることで症状をある程度緩和させることができます。正しく障害とつきあっていくためにも、発達障害の兆候がみられる場合は一度診断を受けてみてください。

発達障害があるかどうかチェックしたい場合は、Leafの心理検査(一般的な知能検査または発達検査)を受けてみてはいかがでしょうか。お子さまの得手・不得手などのバランスを知ることができます。Leafをご利用なさっていない方も検査を受けることができます。まずはお気軽にご相談ください。

心理検査のご紹介

Leafでは心理検査(一般的な知能検査または発達検査)をおこなっています。
全体的な発達水準を把握し、お子さまの得手・不得手などのバランスを客観的に見ることができ、結果から、お子さまに適した関わり方などを具体的にご提案いたします。
検査の対応できる種類は、新版K式発達検査・WISC-Ⅳ・田中ビネー知能検査Ⅴです。
Leafをご利用されていな方も心理検査をおこなえますので、お気軽にLeafまでお問い合わせください。

お子さまの発達にお悩みの方に

お子さま一人ひとりに合ったプロの指導・特別教材で可能性を最大限に伸ばす幼児教室・学習塾Leaf

写真や動画でご紹介

Leafの指導を動画と写真でご紹介します。
発達が気になるお子さまのための専門家の3つのアドバイス!

広汎性発達障害とは

自閉症やアスペルガー症候群などの障害の総称。社会性の発達や想像力やコミュニケーション能力の発達に遅れがある状態です。他に強いこだわり、感覚過敏などの症状があります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは

注意力が持続しない。集中力や落ち着きがない。忍耐力に欠け衝動的である等の症状があります。

LD(学習障害)とは

知的障害は無いが、読み書きや計算など、一部の学習が極端に苦手な状態です。

知的障害とは

知的な発達に遅れがあり、スキルの獲得に時間がかかります。

ダウン症候群とは

染色体異常のために先天性の心臓疾患や知的障害を併せ持つことが多くあります。

療育とは

発達障害などのあるお子さまが社会的に自立できるように取り組む「治療」と「教育」のことです。

合理的配慮とは

障害のある方々が教育や就業の権利・機会を保障されるための配慮のことです。

心理検査

Leafで実施できる心理検査では、全体的な発達水準を把握し、お子様の得手・不得手などの発達のバランスを客観的に見ることができます。

サポートブック

入園や進学時に使える、お子様の情報を先生に伝えるためのお役立ちツールです。

発達障害の最新ニュース&コラム

一覧を見る

覚えておきたい発達障害用語集

アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)など、知っておきたい基本的な発達障害関連の用語を解説しています。

用語一覧を見る