発達障害とは LD(学習障害)とは

LD(学習障害)とは

学習障害(Learning Disorders,Learning Disabilities = LD)は、知的発達に大きな遅れはありませんが、漢字が読めない、書くことができない、話すことが出来ない、計算になるとダメになる、推論することが出来ないなど、読む・書く・話す・計算などのある特定分野で困難を伴う障害のことです。

LD(学習障害)の特徴

人は誰でも得意不得意があるものですが、LDは得意不得意の差(出来る出来ないの差)が大きく、偏りがあります。
目から入ってくる情報を処理することが苦手なことも多く、難解な図形等の問題を回答することは困難な場合があります。
LDの多くを占める読字障害については、別名ディスレクシアとも呼ばれます。
以上の点から、障害に気が付くのが文字(漢字)や数字(計算)の学習を開始する小学校入学以降になることが多いです。
特定分野で出来ないことを除けば遅れは見られない為、「頑張れば出来る」「努力が足りない」「勉強不足」とやり過ごされる事が多いです。
また軽度の知的障害や高機能の自閉症と間違われるケースもあります。

LD(学習障害)によく見られる行動リスト

  • 文字や文章の意味を理解しながら読むことができない(読字障害)
    • 本などを読ませても非常にたどたどしく、文章の内容を(あらすじ)をつかんだりまとめたりすることが出来ない。
  • 文字を読んで理解できるが、書き写すことが困難(書字表出障害)
    • 鏡文字(反転した文字)になったり、自分で書いた文字が読めない。
  • 数の概念が身につかず、数系列の規則性などが困難
    • 数字の大小や10以下の概念がわからない。繰り上りの計算(短期記憶の欠如)や文章題が解けない。
  • 位置や日時の認知できない
    • 「右向け右」という指示が分からない。昨日・明日・明後日を間違えることがある。
  • 分かりやすく伝えることが困難
    • 「お母さん」と言いたいのに「お母たん」「お母しゃん」と呼んでしまう等、発音が上手くできないことがある。言葉につまってしまうこともあり、単語を羅列して話す。
  • リストはLD(学習障害)を持つ子どもに一般的にみられる行動の一例です。

LD(学習障害)の子どもとの接し方

愛情をもって接するというのは言うまでもないことですが、LDの子どもというのは特定分野での困難を伴う障害の為、その不得意な部分を伸ばしていけるようにゆっくりとサポートしてあげる必要があります。
不得意な分野によって以下のように教え方を変える必要があります。

1文章を読むのが苦手な子ども

文章を一行ずつゆっくりと指でなぞりながら読む癖をつけさせましょう。
いきなり長文をトライさせてしまうとやる気を損ねてしまう可能性もありますので、まずは短い文からトライさせるようにしましょう。

2書くことが苦手な子ども

なぞり書きから練習させ、決まった範囲内で収まるように書くようにしましょう。
慣れてきたら、書き順や漢字のへんやつくりまで意識させるようにしましょう。

3話す(自分の考えを言葉にする)ことが苦手な子ども

子どもの興味のある話題を持ち出します。
子どもが話し始めたら話を遮ることなく耳を傾けるようにし、フォローを入れていくようにしましょう。

4計算(数字)が苦手な子ども

まずはたくさんの問題を解かせるよりも、少ない問題をゆっくりと丁寧に解くようにしましょう。
分からない問題は答えを教えるだけでなく、道筋までフォローするようにしましょう。

  • リストはLD(学習障害)を持つ子どもに一般的にみられる行動の一例です。

お子さまの発達にお悩みの方に

お子さま一人ひとりに合ったプロの指導・特別教材で可能性を最大限に伸ばす幼児教室・学習塾Leaf

写真や動画でご紹介

Leafの指導を動画と写真でご紹介します。
発達が気になるお子さまのための専門家の3つのアドバイス!

学習障害(LD)の最新ニュース&コラム

学習障害(LD)に関する記事一覧

その他の発達障害